ようこそ

本学会は、1958(昭和33)年に創立された。それから現在まで50年余になる長い歴史を持つ。学会名の「カレドニア」は、スコットランドを意味するラテン語の古称からの命名である。創立当初はスコットランドの文学や語学を研究する人々、例えばロバート・バーンズの詩の愛好家やスコットランド語に興味を抱く学究者の集まりということで発足した。

しかしその後、年月を経て集会を重ねるに従い、単に文学と語学ばかりではなく、スコットランドの音楽、舞踊、歌謡、習俗、民間伝承、更に宗教、地理、風土、歴史、政治、経済など、広く文化一般をも対象とする方向に発展してきた。大会などの講演者には、時にはスコットランド出身の学者、研究者、実業家などを招き、現地の人々との連携や協力を促進するように心がけてきている。現在でもこの線にそって活動を続け、更にこれらの探求を目指す会員たちの知識の向上と情報交換、合わせて会員相互の親睦を深めることを目的として運営されている。